ローマの休日

オードリー・ヘップバーンの不朽の名作

「ローマの休日」は1953年に制作をされたアメリカ映画ですが、その後数々の名作を生み出してきた映画史の中においても輝きを放ち続ける名作中の名作として知られている作品です。

現在では何度も地上波で放映がされたり、安価でDVDが販売されたりするようになったのでおそらく全く見たことがない人はいないのではないかと思われます。

「ローマの休日」のあらすじは、王女と記者との恋愛を描いたもので、たまたま外遊でローマを訪れた王女が退屈な宮中行事から抜けだして街中に出たところを記者に会い、そこからローマという街を巡り歩く経験をしていきます。

王宮に閉じ込められていたときには経験しなかったような飲食や散髪などを通してローマという街を感じつつ、自由に恋愛をするということを知っていく、という流れになっているのですが見ているうちに不思議に遠い存在であるはずの王女役のオードリーに気持ちが入ってしまいます。

オードリー・ヘップバーンはこの「ローマの休日」で大ブレイクをして以後たくさんの映画に出て一時代を築くことになるのですが、そうした意味でも初々しい演技を見ることができる「ローマの休日」は貴重な作品です。

あこがれのオードリーの美しさを堪能

「ローマの休日」が今も多くの女性に人気があるのは、この映画に出演当時はほとんど無名だったオードリー・ヘップバーンが、ここから大きく飛躍していったという強さを感じることができるからです。

今でこそ女性の憧れの顔やスタイルとして賞賛されるオードリー・ヘップバーンですが、当時は痩せぎすな自分の姿にコンプレックスを持っていたという話も残っており、そういった逸話を知るとまたこの映画の見方も変わってきます。