ブランドよりも機能性重視で

子供向けのプレゼントとしては、バッグはあまり定番品というわけではありません。

というのも子供の場合には普段の生活ではランドセルや幼稚園・保育園かばんを使用していて個人的にバッグを持つような機会があまりないからです。

そのため大人のように特定のブランドでバッグを持ちたいというようなこともなく、逆に見た目よりも使い勝手の方で選びたいという希望を持つことがよくあります。

大人から知り合いの子供に対してバッグをプレゼントしたいということなら、まずその子供が学校以外のところでどういった活動をしているかということから調べてみた方がよいかもしれません。

複数の習い事をしているなら、それらをひとまとめに入れることができるような大きいバッグがあると大変重宝します。

また女の子の場合ならファッションに合わせて使えるバッグを欲しいというふうに考えているかもしれません。

10代の女の子向けのブランド

個人差はあるかもしれませんが、いまどきの小学生女子は進んでおり好きなブランドやデザインについて細かく雑誌などでチェックをしていたりします。

ですのでこちらから選んでプレゼントにするなら、大人向けとは違った視点でブランド選びをすることが重要になります。

10代の女性に人気のファッションブランドの代表としては「セシルマクビー」や「リズリサ」といったものがあります。

こちらはいずれもサイズこそ子供向けなのですが、デザインはちょっと大人っぽくしているというところに特徴があります。

独特の雰囲気があるブランドなのでこうした雰囲気が好きという女の子なら比較的デザインが選びやすくなります。

他にも「ピンキーアンドダイアン」や「アナップ」あたりも10代の女の子たちから支持を受けているブランドなのでそういったところから選んでみるのがおすすめです。

子供向けということで限定して考えないのであれば、20代女性にも大人気の「Ne-net」や「組曲」あたりも年齢を問わずに使えるかわいい系のバッグがたくさんあるので、そうしたところで選ぶ方法もあります。

スポーツをする子なら専用のものを

習い事の中でもスポーツ関係のことをしているなら、スポーツバッグをプレゼントするという方法もあります。

野球やサッカーなど男子の定番スポーツの場合にはやはり専用のバッグが必要になりますし、身体の大きさによって使えるサイズを変えていく必要があります。

スポーツ向けの製品はエナメルバッグとしていくつかのメーカーから販売されているのですが、アディダスやプーマ、ナイキなど人気のところから選んでおけばかなり機能面でも便利に使えます。

またスケートやバレエなど特殊なスポーツを習っている場合には、一般的なスポーツバッグとは違った形状のバッグが欲しくなったりします。

そうしたスポーツ向けにシューズやウェアを入れやすくしたタイプのバッグが多く販売されているので、本人のモチベーションを高めるためにも専用のものを購入してあげるというのもいいですね。

人気のゲーム機はどれか

e15cddfb5779153caba2fa5c12d30488_s子供がいる家庭では、クリスマスや誕生日にゲーム機を買ってもらうことをねだられた経験が必ずといってよいほどあるのではないかと思います。

今の親の世代の人も子供時代にPlayStationやその他のゲーム筐体を買ってくれるように親にねだった覚えがあるでしょうし、普段のお小遣いでは買えないような高価なゲーム機はいつの時代も子供にとって欲しいものリストのトップにあがってきます。

ですが十数年前ならばゲーム筐体は大きなシェアを持つ企業がいくつかだけであったところ、今ではかなり多くのメーカーが機器や端末を販売するようになっています。

なので漠然と「ゲーム機が欲しい」と言ってもすぐにどれが欲しいものかを当てることは難しいでしょう。

また子供がやりたいと思っているゲームがその筐体や端末でできるソフトになっているかということもきちんと調べておきたいポイントです。

大人にしてみるとちょっとの違いのように思えるようなことも、子供にとっては全く別のものであったりすることもよくあるので細かく下調べをしておくことはとても重要です。

いまどきのゲーム機の売れ筋としては「プレイステーション4」や「XBOX」「WiiU」あたりがありますし、携帯タイプのものなら「PS VITA」「Nintendo 3DS」が二大人気となっています。

筐体にするか端末にするか

これまで発売されてきたゲーム機とPS4が大きく異なるのは、「PS Plus」というオンラインサービスがあるため、以前までのようにいちいちお店でソフトを購入しなくてもオンラインになっていればすぐにゲームをすることができます。

「PS Plus」はPS3やPSVITAでも使えるシステムで、月額料金を払えば無料で遊び放題になっているので、これからはこうしたオンライン型のゲーム機が主流になっていくことが予想されます。

しかしこのシステム自体はまだリリースされてから一般に浸透してきてはいないので、完全にオンラインだけでゲームを完結するのは難しいかもしれません。

一方でゲームの二大勢力にもなっている「Wii U」ですが、こちらは昔からのニンテンドーのゲームが遊べる上に、今大人気のゲームが多く使える仕様になっていることからPSシリーズとは全く違った魅力があります。

ここ最近のゲーム機の進化はすさまじく、ほとんどパソコンと同じ機能で使うことができたりもするので、ゲームの他に何ができるかといったことも合わせて選ぶようにした方がいいかもしれません。

端末ならテレビを占領されません

子供が小学生くらいの家庭の場合、一戸建てではなくマンションなどで生活していることも多いでしょう。

そうした場合部屋ごとにテレビを置くことが難しいので、必然的にゲームをしているときはテレビが見れないという状況が起こってしまいます。

子供にしてみればせっかく新しいゲーム機を買ってもらったのだから思い切りゲームをしたいのでしょうが、テレビを使える時間が短いということなら楽しみも半分になってしまいます。

ですので始めてゲーム機を購入するなら端末式のものにしておけばいつでも好きなときに子供だけで遊ぶことができます。

親にしてみると子供がどんなゲームをしているかわからないという不安がありますが、端末式のゲームは通信で友達を増やしていくこともできるので子供の行動範囲を広げるためにも大変有効です。