フラッシュモブで感動を♪

海外発のSNSで大人気のフラッシュモブとは

Youtubeや海外系のバラエティ番組でたびたび見かけるのが「フラッシュモブ」という街中を利用したエンターテイメントです。

「フラッシュモブ」とは、簡単に言えばダンサーである仕掛け人たちがまるで偶然街中などを通りかかったかのように装い、サプライズを仕掛ける相手が来たときに合図で一斉にパフォーマンスに入るといった方法です。

サプライズを仕掛けられる人だけでなく偶然その場所を通りかかった人も巻き込まれてしまうというところに特徴があり、時に清掃員や駅員などまさかと思うような人もパフォーマーであったりするのが面白い点になっています。

どこで初めてそうしたパフォーマンスが始まったかということについてはいろいろな説があるのですが、現在では海外でドッキリ企画としてたびたび大きなイベントが仕掛けられているのが動画などで見られます。

日本でも同じようにフラッシュモブで周囲の人を巻き込んだ企画が何度が行われるようになってきています。

フラッシュモブを実行する方法

自分の大切な人を驚かせたいということで一度は利用したいなと思うフラッシュモブですが、動画などをみるとダンスを実際に行っている人のレベルは相当高く、参加する人数もかなり多そうに見えるのでとても友人や知人だけを集めて行うのは無理そうです。

そこで現在ではフラッシュモブを専門に扱う業者があり、そちらに連絡をすることで仕掛けたい場所に人員を派遣して演出をしてもらうことができるようになっています。

有名動画などで見かけるような数十人~数百人規模のサプライズももちろんできますが、3~4人くらいの小さなフラッシュモブもお願いすることができるので気軽に依頼してみるのもよいのではないでしょうか。

団体だけでなく個人としてもそうしたフラッシュモブ専門業者に依頼ができるので、だいたい10万円くらいの予算があれば小規模のフラッシュモブをしてもらうことができます。

知人などに依頼するのでなく業者にお願いをすれば演出が必要なときだけ来てもらって大事な告白やお祝いが終わったらすぐに撤収をしてもらえるので便利です。

結婚式や企業のプレゼンでも使えます

お祝いというのとは少し違うかもしれませんが、こうしたフラッシュモブは現在たくさんのところから引き合いを受けています。

結婚式で主催者側が参列してくれたゲストを驚かせるために依頼をしたり、企業として新製品のプレゼンをする場面で登場をお願いするなど用途はさまざまとなっています。

今後さらに利用者が増えると「ここでも来るかな?」という予想がされてしまう可能性はありますが、現在はまだまだ日本での利用者は少ないのでまさかの演出には大変効果的です。

ここぞという場面で一生記憶に残る演出にしたいときにはぜひ検討してみてください。