財布

男性向けのプレゼントの定番品

cfc3bbe52dc5c9d0ae5760a4b3f2ea28_s父親や彼氏、親しい間柄の男性に長く使ってもらえるプレゼントをするなら、ぜひ候補に入れておいてもらいたいのが財布です。

ネットなどでよく見かけるジョークに、かっこいいと思っていた男性と一緒に食事に行ったら会計のときにバリバリとマジックテープで開け閉めする財布を取り出されて一気に冷めたなんて話もあるように、普段はオシャレに気を使っている男性でも案外財布はノーマークだったりするものです。

確かにネクタイやカフスなどは人目につきやすいものなので多少値が張っても自分でよいものを購入したいと思うかもしれませんが、財布は常に人目にさらすわけではないものなので「使えればなんでもいい」というふうに思ってしまうのかもしれません。

逆に年配の男性になると、財布どころかセカンドバッグを持ち歩くことで代用していたりといったふうに、今度は全く機能面だけを重視して選ぶようにしていることもよくあります。

よい財布は一生使えるほどのものなので、ぜひその本人のかっこよさを損ねないいい品物を贈ってあげてください。

女性受け抜群の長革財布

財布にもいくつか種類があり、使用されている素材や形によっていくつかのパターンから選ぶことができます。

若い世代の人は持ち歩きに楽な二つ折りの財布を使っているのをよく見かけますが、ビジネスシーンなどでも使用することを考えるならやはり長財布の方がよりしっくりくるでしょう。

女性に人気が高いのはやはり本革製の長財布で、スマートに取り出して会計をしているところが大変様になります。

革財布にもいくつか種類があるのですが、本皮を使っているものはどれも高級感があり長く使うほどに味が出るという特徴があるので若いころから使い込んでいく楽しみがあります。

合皮製品の財布も多く見られますが、やはりパッと見た印象は本皮に比べてどうしてもチープな印象になるのでプレゼントとしてあげるならやはりそこは本皮にこだわりたいところです。

ただし本皮製品はもともとが生き物の素材を使っていることから、取扱には若干の注意が必要です。

使い込まれてくるとそれほど丁寧にしなくても大丈夫にはなるのですが、使い始めの頃は革がしっくりとなじむまでに時間がかかるのでその点はきちんと説明をしておいた方がよいでしょう。

参考>>革製品の取扱と手入れ法

財布は年齢によって選び分ける

財布を選んでプレゼントをするなら、あげる人の年齢にも配慮をしてあげる必要があります。

基本的にはビジネスマンになってからであれば長革財布から選べば間違いはないのですが、高校生や大学生など若い世代の人にはちょっと重々しい革財布は普段の服装に合わせるのは難しいかもしれません。

また財布はその中身まで連想させるため、高級感がありすぎる財布を若いうちから持ち歩くと「分不相応な無駄遣いをしている」かのような印象になるのでこれもまたよくありません。

逆に40~50代を過ぎた会社員の男性が安っぽい素材の財布を使っていると頼りない印象になるので、きちんと身の丈にあったよいものを使ってもらいたいところです。

そうはいっても喜んでもらえるのか、という不安が邪魔してプレゼントが選べない!という方もいると思います。

そんな方にオススメなのがカタログギフトです。
カタログギフトだと相手が自由にプレゼントを選べるので先ほど挙げたような不安は
なくなりますね。
下記サイトのカタログギフトは価格帯が豊富で商品もバリエーションに富んでいるので
おすすめです。

おすすめサイト→カタログギフトのマイプレシャス