お酒好きの男性におすすめのプレゼント

プレゼント選びに迷ったときには、手軽に消費ができるものを贈るのが便利です。

家族や恋人など長く付き合いのある人と違って、会社の送別会やお祝いなどでプレゼントを贈る場合には長く残るものをあげてしまうとかえって重たく感じられてしまうこともあるので、程々の間柄の人に対しては飲食をしてなくなるようなものの方が喜ばれたりします。

特にお酒好きの男性になら、普段自分ではあまり買わないような高級なお酒をプレゼントするのがおすすめです。

いつもはビールや焼酎などを晩酌にしている人にあまり飲まないような種類のものを贈ってあげるといつもの食卓が少し豪華になって嬉しいですね。

お酒を普段あまり飲まない人にはなかなかわかりづらいところですが、実はお酒選びというのはかなりセンスが問われるところで、「おいしいお酒を知っている」ということそれ自体が人としての評価につながってきたりもします。

高いというだけでなく、場面やシチュエーションにあったお酒を選べる大人になりたいものです。

お祝いなら日本酒が特におすすめ

誕生日や記念日、開業祝いや昇進祝いなど、お祝いの席でプレゼントをするならやっぱり選ぶお酒は日本酒かシャンパンにしておきたいところです。

特に日本おける日本酒は神様への捧げ物として使われてきたという長い歴史もあることから、ハレの日にはそれぞれ場面に合わせたお酒がかならず用意されています。

「あまり日本酒は好きじゃないから」というふうに避けている人もいますが、本当においしい日本酒はアルコールが飲める体質の人ならかならず「うまい」と感じることができるほど質の高いものです。

日本酒が苦手という人にこそ本当によい日本酒を贈ってあげたいですね。

日本酒選びをするときに気をつけたいのが精米歩合です。

これはそのお酒を作るときにどれくらいの精米が使われているかのランクであり、多い順に「純米大吟醸」「大吟醸」「純米吟醸」「吟醸」「純米」「本醸造」「普通」というふうになっています。

私達が普段リカーショップなどで見かける日本酒は「普通酒」として分類されるものがほとんどですが、お祝いの時にはこの割合がより高いもので選んでみるのがおすすめです。

純米大吟醸もしくは大吟醸とされるお酒の多くはお祝い用にパッケージになっていたりするので、その年のモンドセレクションや全国新酒鑑評会などで受賞したものがプレゼントによいでしょう。

ちょっと変わったお酒で選ぶ

日本酒以外にもお祝いの席に欠かせないのがシャンパンです。

シャンパン以外にも赤ワインや白ワインなどをパーティーのときに持ち込むことはよくありますね。

ワインは作られた年やとれた地域によって細かく価格や名称が異なるので、プレゼントをするならそうした背景にもこだわってあげるとおしゃれです。

よくあるのが生まれた年やゆかりのある年に作られたものから選んだり、名前などが似ているものから選ぶという方法です。

ワインだけでなく最近は世界のビールやクラフトビールのように作り方や作る場所を限定させたビールも人気が高くなってきています。