プレゼントの定番としておすすめ

女性向けのプレゼントとして選ばれることが多い花は、基本的にはどの女性にも喜んでもらえる贈り物と言えますが、場合によっては贈るべきではない花も存在していることを知っておく必要があります。
ここでは女性のプレゼントにおすすめの花と、NGの花についてご紹介します。

かすみ草

花束を作ってもらう時に使われることが多いかすみ草は、とても小さな花で可憐な印象を受けます。
かすみ草には幸福という意味の花言葉も存在しており、他には清らかな心、無邪気などの意味も含まれています。
英語圏ではベイビーズブレス=赤ちゃんの吐息と呼ばれていることからもわかるように、可愛らしいイメージの女性にぴったりの花です。

ひまわり

夏の花というイメージが強いひまわりは元気な印象を受ける女性への贈り物として最適です。
ひまわりにはあなただけ見つめるとか、崇拝などの花言葉が存在しています。
花言葉はひまわりが太陽を向いて動くという特徴に由来しているとされています。

バラ

女性に対するプレゼントの定番になっている花といえばバラが有名です。
誕生日プレゼントに年齢の数だけバラを花束にして贈るという方も多く、女性も受け取ると喜んでくれることは間違いありません。
しかし、バラの場合は色によって花言葉の意味が全然違うため、場合によっては誤解されることもあるので注意してください。

プレゼントとして最適な色は赤かピンク、白です。
赤は愛情や情熱という意味があり、ピンクは上品やおしとやかという意味があり、白が私はあなたに相応しいとか尊敬という意味があります。
これらの色を単色で花束にするか、複数の色を組合せても良いでしょう。

注意が必要になるのは黄色で、嫉妬とか不貞という意味があり、愛情の薄らぎや恋に飽きたという意味も存在しています。
この意味を知っている女性が受け取ると明らかに不快な思いをするのは間違いありませんので、黄色だけは女性へのプレゼントに選ばないでください。

カーネーション

母の日のプレゼントとしてカーネーションの花だけを贈る方も多いですが、色によっては失礼にあたる場合もあります。
花全体には女性の愛とか純粋な愛情という花言葉があり、特に問題がないように感じられますが、白は愛の拒絶、黄色は軽蔑などの意味が存在していますので、少なくてもこれらの色は選ばないでください。
赤には愛を信じるという意味があり、ピンクは熱愛という意味があることから、赤やピンクのどちらかを選ぶと間違いなく好感度が良くなります。

チューリップ

品種改良によって様々な形や色が存在していますが、黄色は実らぬ恋、白は失恋という意味もあるためあまり好ましくありません。
赤は愛の告白、ピンクは真実の愛、紫は不滅の愛という意味がありますので、これらの色を選ぶと良いでしょう。